d.sunnyone.org
sunnyone.org

ページ

2016-05-10

Xubuntu 16.04 をインストールして最初に行う設定

Xubuntuは、XFceを使ったUbuntuのフレーバー。ここからダウンロードできる。デフォルトではGNOME2ライクな見た目の画面が使える。


そのままでも使えるのだが、自分はもうちょっとWindowsライクに使いたいので、いつもやっている設定を書いておく。

パネルを下側に移動する(いわゆる「タスクバー」を下に)

デフォルトでは上側にある黒いバー「パネル」には、デフォルトではアプリケーションを呼び出すメニュー、ウィンドウ一覧、インジケータ、時計が置いてある。要はタスクバーのようなものだ。これを下側に移動する。


下側に移動するには、パネルを右クリックし、パネル>パネルの設定を選択し、「パネル」ウィンドウを開く。

そして「パネルをロックする」チェックボックスをオフにして、パネル左側に出る取っ手を掴んで下に移動する。

Whisker Menu を押しやすくする(「スタート」ボタンを作る)

左下にある(左下に移動された)青いボタンを押すといわゆるスタートメニュー的なもの(Whisker Menuという名前らしい)が出てくるが、青いアイコンだけなので押しにくい。領域を増やして押しやすくする。

領域を増やすには、まずWhisker Menuを右クリックして「プロパティ」を選択し、「Whisker Menu」ウィンドウを開く。


「パネルボタン」の「表示」を「アイコンとタイトル」に変更して、「タイトル」を表示するようにする。「タイトル」はデフォルトでは「Application Menu」であるが、これはちょっと大きすぎるので自分は「Start」にしている。

時計の表示内容を変更

右下の時計はデフォルトでは「4 5月, 15:03」みたいな変な感じなので、カスタマイズしてそれっぽくする。

時計の表示内容をカスタマイズするには、時計を右クリックして「プロパティ」を選択して「時計」ウィンドウを表示する。


あとは「表示形式」を「カスタム」に設定し「%m/%d(%a) %H:%M:%S」などとする。選べる値はヘルプボタンを押せば飛べるがhttp://docs.xfce.org/xfce/xfce4-panel/clockを見ればわかる。

クイック起動(ピン)のショートカットを追加

クイック起動やピン留めのように、アプリケーションをパネルから起動したい。

パネルにアプリケーションの起動ボタンを配置するには、Whisker Menuを起動し、アプリケーションを右クリックして「パネルに追加」を選ぶ。

すると、パネル右側にアイコンが現れるので、右クリックして移動を選び、好きな場所に配置する。

これでだいたい定番の設定はおしまい。パネルを右クリックして「新しいアイテムの追加」を選ぶと、他にも増やせるものがあるので、好きに選ぶといいかも(ワークスペーススイッチャーとか)

おまけ: $HOMEのディレクトリを英語にする

デフォルトでは$HOMEに置いてある「デスクトップ」や「ピクチャ」はカタカナでcdしにくい。Xubuntuに限った話ではないが、これでは不便なのでいつもこれをしている。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

変えていいか確認するウィンドウが現れるので、従えばOK。

おまけ2: キーボードショートカットの変更(2017/6/1追記)

画面では設定>キーボード>アプリケーションショートカットキーから設定できる。

毎回やるのはだるいのでコマンドで覚えておく

# 一覧
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -lv

# Ctrl+Fn でのワークスペース切り替えを無効化
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -l | grep '/xfwm4/custom/F' | xargs -l1 xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -r -p

# Ctrl+Alt+Lでのロックを無効化し、Super+Lに変更
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p "/commands/custom/l" -r
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p "/commands/custom/l" --create -t string -s xflock4

参考:ターミナルなどからXfceの設定をする